2016年04月10日

歌「縄文の里」

「縄文の里」
ブログに登録しました。


良かったら、聞いてみてください。



ぶなの森駆ける 風は何を追ってゆく
見えぬ姿探す僕は 遥か時空を超える
 いにしえと今 つないでる
 遺跡よ語れ この胸に
 五千年の昔の思い
 土偶は何を祈る

赤い弓背負い 栗の山を下りて来る
そしてくるみの森を抜け 野を走る波をこえる
待ってるのだろう 身を案じ
喜ぶだろう 今日の糧
 一万年を超え続いた
 悠久の時が見える
 
いにしえと今 つないでる
 遺跡よ語れ この胸に
 五千年の昔の思い
 土偶は何を祈る

君がいたことで 今の僕があるのなら
話したいことが 溢れ出す
思いは 通うだろうか
 時代の証 飾られた
 館を巡り 君思う
 二千五百年前の時 
 黄昏に星が光る


posted by ジャック90 at 08:51| Comment(0) | マイ・ミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: